サツログ。

独身こじらせ干物でオタク、社畜の狭間で撮られることを仕事にしながら田舎暮らしの夢見人、カンザキサツキ(颯希)の日々徒然とひとり人生の歩み。

田舎のススメ

我が山の家の必需品たちは切らすことができないものたちは対害虫対策品をご紹介したい。

山の家にいるときは、冬とGWの前半を除いて欠かせないものたちが殺虫剤と防虫剤です。 GWが開ける時に帰る前に必要だから結局1年中必要です。 さまざまな人から教わる知恵を自分が持ち帰ったものもあります。 山の中で暮らしてるから、びっくりするぐらい虫…

都会と違って空が青い。ツナギも青い。遥か先にいるおじいおばあがたまに覗きにくる。幸せだ。

幼少期も郊外、いわゆる大阪市内に住んでる人からしたら田舎と言われる大阪の隅っこで暮らしていました。 コンビニもなければ信号も町内には1個。 電車は1時間に2〜4本。 学校まではひたすら上り坂40分徒歩。 夏はアオダイショウに気をつけながら通学。 秘…

「なんでも自分でできないといけない」というおじさんの言葉がすごく格好良くて痺れた。そうなりたい。

驚くほど山と言われるけど、ここがカンザキの本拠地。 アナザースカイじゃなくて、本拠地で心の在りどころ。 カンザキサツキです。 山の家のある地域で生きるということを教わる日々。 山の家といってる我が家の別荘はいわゆる、過疎地です。 向かいに親戚が…

GWに山の家でもひまわり植えました。手入れしてない畑だった場所の端っこじゃダメ元ですが育てばいいな。

広大な敷地がある。 ぼくが小学生の頃までは祖父が頻繁に帰り、畑をしていた場所。 祖父亡き後も祖母がちょこちょことやっていたけど今は誰もやってなくて、 ただの空き地になっているのを近所の親戚のおじさんが定期的に草刈りしてくれてる。 ぼくもやりた…

花壇を作りたい。挿木で増やしたゼラ子と、ラベンダーを事前に用意しておき持って帰って植えました。

GWには帰ると強い気持ちで決めていたけど、 実際は歓迎モードじゃなかったけど、旅行じゃなくて帰宅だから帰らなきゃならない。 そして、無事を確認するついでに、ちょっと前進させたいことがありました。 大阪で準備を進めて、岡山で実行するが叶ってよかっ…

大きなムカデに出会った時の話。ただただ怖かった。おばちゃんまじありがとう。

足が多い生き物が苦手です。 Gは迅速にやっつけてるからきっと大丈夫なのですが、 8本以上は本当すみません、ごめんなさい、森に帰って(もらわなくていいから今ここで消滅して)くださいです。 ゾゾゾゾゾという足音が本当に苦手。 カンザキサツキです。 それ…

おばちゃんまじgood job!シロアリ被害でした。100歳以上のお家を大事にせねばなりません。

秋になると、びっくりする量のカメムシが家に入り、蜘蛛がいたり、 夏の間も家の中でキリギリスやすいっちょんがいたりすることがある。 そんな山の中の家の話になります。 アパートやマンション暮らしのサツエッティは初めての経験です。 100歳超えてる木造…

普段は手押し車の祖母が、草刈りをするときはピンとしてるので流石だな!と思いました。

祖母が押し車(シルバーカー)を使うようになり、まあまあたちます。 以前から足が悪いので前から杖を使っていましたが完全に4輪になったのはまだ1年弱の話です。 よく歩き、よく働く人なので、足腰が強いようです。 ぼくも膝が悪いのでいずれは・・・と思…

カンザキは新しいカメムシ対策装備を手に入れた!攻撃力と防御力があがった!

今年は、ハットウジ対策の新しい武器を手に入れた!!攻撃こそ最大の防御!!! いくぜいくぜいくぜいくぜー!! ハットウジ(カメムシの茶色くてでかいやつ)に怯える秋に一筋の光が!! 人類の勝利宣言と言いたい! カンザキサツキです。 ハットウジに悩まさ…

約2年ぶりの山の家に帰りました。さまざまな理由で帰りました。帰って良かったと思います。

コロナ禍なので、帰るべく山の家(別荘)に行って良いかは常に聞いてきました。 このブログでも何度も書いてます。それ以上に確認作業を行なっていました。 帰れることになった理由を先に記しておくと ・山の家のある場所のワクチン接種が完了している ・自…

山の家には、犬の都合だけじゃなく帰れないことになりました。やっぱりワクチンが終わらないと・・・ですかね。

今日からカレンダー通りの仕事をしているぼくは休業日です。 4連休です。 本当なら2年ぶりに山の家に母とおばと帰る予定でした。 幸いにも、近所に親戚が住んでいるから何かあったら対応はしてもらえるけど 夏の終わりに秋の初めに帰るからと残してきた冷蔵…

山を買う人が増えてるらしい。しっかり見据えてゲットして欲しいと思います。

うちには山があります。 近いうち自分のものになります。 とはいえ、まだぼくはまだ自分で手入れをしに行ったことがありません。 なんとなくあの辺では知っていますが、場所も詳細に知りません。 熊はいないけど猿はたくさんいるようです。 祖父母が買った山…

やっぱりコロナが理由で山に帰れない。気持ちの上では本当に帰りたいけど帰れない理由を書いてみる。

緊急事態宣言は取れた。 なんならGO TOで旅行にいこう!な世の中になっている。 行ける人は是非行ってほしいと思うし、自身も使えたらいいなと思いながら使う予定もないです。 山のおうちに帰りたかった人カンザキサツキです。 ぼくたちの「山の家」の向かい…

【お盆にすること】今年はできないことが多いけど、我が家のお盆のシキタリ書いてみた。

自分にとって、お盆を知ったのは大好きなおじいちゃんが亡くなってからです。 夏休みには祖父母の実家や先祖代々のお墓に行くということもあったりなかったり。 父方の家も母方の家も代々続いている家です。 お盆、墓参り、葬式などの仕来りは異なります。 …

いちばん楽しみにしていた4連休の「山の家で修行」は中止になりました。最後かもしれないこともあったので残念です。

新型コロナウイルスのいなかった世界線に戻ることはできないのだろうか。 シュタインズゲートの選択は・・・ すいませんなんでもないです。 この5月の連休に本当ならいつもどおり帰っていたはずの山へ、 この夏、7月の4連休を利用し帰る予定でつい最近まで…

【ブト・ブユ・ブヨ】山で生きる人がこれから夏時期に気をつけたい、森や川のレジャーで噛まれら痒い虫の対策の話をします

今年は夏休みが短い方も多いと思います。 それでもレジャーにお出かけになる方も多いと思います。 家族でキャンプや川遊び、そういう人本当に増えてきてますものね。 都会にいないマイナーかもしれない、実は怖い虫について書いてみようと思います。 ぼくは…

強くて大きくなりました、ぼく、さっちゃんのコスモスの話。

ぼくがまだ4歳の頃、幼稚園で植えたコスモスから種が取れました。 そのお話しをしようと思います。 カンザキサツキです。 大阪のおばあちゃん、おじいちゃんにお手紙を添えてコスモスの種を送りました。 そのコスモスは毎年、春と秋に立派に咲くので祖父母は…

【渋柿の木の剪定のお話】来年は当たり年で実り良くなりますように。

今年は、「成り物」がことごとく不作。 それは我が家も同じこと。 だからこそ、来年こそは!と励むしかない。 カンザキサツキです。 // 今年の暑さ、雨の少なさ、秋の遅さで柿は不作。 夏の段階で小さな実もできておらず、きゅうりやナスも不作と聞いていた…

冬仕度完了。水道の止水と積雪とハットウジの越冬に備える。

2泊3日の行程はあっという間で、母に甘えれる一緒に過ごすということも今日でしばらくまた無く、 (週末は一緒に夕食は食べますが) それだで少し気持ちがブルーになっていました。 あれだけ家を飛び出しておいて、何なのだろうね。 今更、親離れできてない…

若い芽は摘まねばならない!手を酷使しながら木を切りました。

21時半前にはすでに寝ていたようで、起こさない母(実に甘い)が動き始め起きたら6時過ぎ。 一度も目覚めず朝を迎えました。 こんなに早く寝て朝までぐっすりなど都会にいたらまずあり得ない。 いつもは悪夢か動悸で2時間程で目覚めます。 親子揃ってよく寝ま…

運休前に山に入れました。ネズミさんが留守番してた山の家へ。

台風19号の接近で電車が止まる前、いつも通りの始発で山に向かい無事に帰れました。 あまりの寒さに犬で暖を取り、犬も飼い主で暖を取ります。 カンザキサツキと虎太朗です。 おや?これは…まさかネズミのフンでは? どう見ても亡きゴールデンハムスターのと…

今日から山に帰ります。冬支度修行中です。

転職してから一応カレンダー通りの休みになり、撮影会のスケジュールだけ提出しなければ休むことが可能です。 10月の3連休は岡山の山の家へ、別荘へ、未来のぼくのお城へ行きます。 あと何回、虎太朗と一緒に行けるかな? 願わくばずっと一緒がいいね。 カン…

ぼくの基盤がある場所、山の別荘について思う事。

里帰り出産の母の生まれ故郷大阪で生を受け、父が男の子じゃなかったと砕け落ちながらも千葉県で出生届を出され、 可愛らしくない嫌いな名前だけど、意味合いはいい名前をつけてもらったと思います。 名前に恥じない生き方をしたいとは思ってる。 もう遅いの…

ゴーヤの苦みが苦手なら試してほしい、ゴーヤの苦味の取り方、下処理、調理のオススメについて

突然ですがゴーヤが大好きですか? ぼくは、依然あの独特の苦みは昔苦手でした。 苦みの少ない白ゴーヤ(白いゴーヤ)もいいのですが、 やっぱり緑のゴーヤのほうが好きな気がします。 未だに完熟のゴーヤ(黄色く完熟すると種の周りがあまくておいしいそう…

令和最初のぼくのなつやすみ4日目、予定より1日早く最終日になった。

本当は14日に帰るでもよかった・・・。 13日が最終日になった主な理由は ・台風が接近している ・暑い暑すぎる ・祖母が忙しい(用事が溜まってるらしい) 縁側から見える空は今日も青い カンザキサツキと虎太朗です。 // 朝から食材の整理と、胃袋におさめ…

令和最初のぼくのなつやすみ3日目、やっとカメラ片手に遊びに出る。

流石に今年の夏はやべえ。 人が少ない我が田舎も、誰も出りゃせん! この青空撮らずして何のためにカメラを持ってきたのか! カンザキサツキ(汁だく)です。 // 朝はやはりご飯を作ることが忙しい。 今日の昼は6人前だから、いつも通りと言えばいつも通り。 1…

令和最初のぼくのなつやすみ2日目、スローすぎる生活を送ってます。

1日目の夜は、祖母に素早く消灯命令を出され夜8時半に暗闇になりました。 周りの明かりがないので暗闇の中、虫のさえず……すいっちょんうるせぇええええ!! しかしいつのまにか爆睡してました。 そして寝坊しましたが祖母は過保護なのでよく寝てたと褒めてく…

令和最初のぼくのなつやすみ1日目、まじで危ないことになった。

始発で向かうは、分け入っても分け入っても青い山へ。 着替えて速攻下着までびしょ濡れとは思わなかった。 カンザキサツキです。 // 作業着を着て30分ほどで脱いで干す羽目になるとは…。。。 作業着を着て、さあ車庫の掃除をしよう…と思ってたら、後方の畑か…

今日からまたぼくはまだ移住を決意できない、まだ別荘の場所へ。

このブログを始めた本来の目的のはずだった。 いや、本来の目的だった・・・んだよね。 最初の頃は田舎暮らしに向いていたんだよ・・・ね。 「母ちゃんブレてない?」 ブレてないと信じたい・・・かな カンザキサツキです。 // 本当はもっとこの制度について…

【都会に帰ってきました】種撒き事ができなかった今回のまとめ。

1日目から書いていますが、田舎の親戚も 「こんな寒いのは初めてだ」というほどの異常な寒さ。 雪が降ったり、ストーブが消せない、灯油を買いにいくほど。 何より雨で進まない開墾作業・・・。 目的の種を撒くということができず、託してきました。 無事に…

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、まとめサイトへの引用を厳禁いたします。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.