サツログ。

独身こじらせ干物でオタク、社畜の狭間で撮られることを仕事にしながら田舎暮らしの夢見人、カンザキサツキ(颯希)の日々徒然とひとり人生の歩み。

眠れない夜におもうこと。

彼氏いないのー?性格悪いのー?

と言われるターンにも慣れました。

マジ性格悪いのは余計だけど生き方はしっとりしてます。

 

最近だと、お子さんいくつですか?と言われる。

ああ、既婚前提か。なるほど世界が非常に狭いようだね!

13才の小柄の男の子です!とドヤ顔で答えてます。

さすればだいたい若い時に結婚したの!?って言われます。

f:id:kanzakisatuki:20181110003857j:image

13才のチワワのひとり息子と、引きこもり生活、カンザキサツキです。

 

なんだね?結婚してなきゃいねないかね?

なんだね?パートナーがいて当然かね?

なんだね?この後の人生を一人で生きて、

一人で自分が死んだ後のことまで整理してから死なねばならない人生を歩もうとしているぼくはダメかね?

 

恋愛や結婚に夢見て、幸せになりたかったと定期的に夢見て絶望する。

僕にはもう無理だと思った。

というか無理です。ああはいムリです、もういいです。

 

一応お伺いをたてながら、どこにも迷惑かかりませんからってなったらその辺は書こうと記事はこしらえています。

 

眠れない夜、それは・・・

気が立って眠れない夜。

本業で案件抱えてる夜。

身体が痛い時、つらい夜。

祖母や母がいなくなってしまえば、ひとりぼっちになる現実を呑み込めない夜。

チクチク発言を消化できない夜。

 

だいたいそんなところです。

 

どうしても自ら連絡を取る、という行為が苦手です。

SNSは良くて、個人的なメールが苦手。

 

そういう自分を脱却したいけど、なかなかできなかったり、

なぜ一人でいる方向方向を選んでしまうのか。

いつから、やり直せばこんな人生ではなかったのか。

と思うことが多いのが眠れない夜の魔が定期的に押し寄せてきます。

 

なぜこれ以上、大好きでたいせつな友達だからぼくが関わっちゃダメだと、

グッとブレーキがかかるのか。

 

それは他人から言われたことを跳ねのけれない

自信のなさだよ、といわれましたしそう思います。

 

そして、やはりに言われてきたことたちが

ぐるぐるぐるぐる頭の中を駆け巡ります。

 

そして不器用人間が必死に生きてるから、

余裕が残っていないことも理解してます。

 

周りにいる全ての人がキラキラしていて、

優劣をあえてつければ、

ぼくより遥かに優れている方々と並んで良いのかという

疑問が押し寄せ押し寄せのっかかってきます。

 

自信をつける方法をたくさん試しました。

自主的にも、他者的にも。

 

会社で圧倒的に褒められる対応力は仕事モードからだけで、

基本的に8時間以上はもたないぞ!(ポンコツ)

 

できることなら人生をやり直せたら・・・

という事に眠れないときは何故無駄に追い込まれるのでしょう?

幾つでもやり直せるよ!と言われても、

それは年齢的に無理なものには一切該当しないから、

余計にヘラヘラ笑って持ち帰って抱え込むしかできない弱虫さんです。

 

全然強くないし、全然しっかりしてないのに。

歳だけ食ってしまいました感がひどいです。

 

ひとりで強く生きていくには、まだまだ色々が足りてません。

ひとりで生きていくということはひとりで死んでいくということ。

常に身の回りの整理をしながら生きていくといこと。

 

それでもやり遂げたいことがあるから頑張らないと!

 

自信を持つには確証が必要だ。

確証を得るには、経験が必要だ。

経験を積むには時間も余裕も必要だ。

 

ああ、まだぼくには余裕がない。

経験値が足りない、まだダーマの神殿にもいけないようだ。

 

そうやってぼくの眠れない夜はいつも過ぎていき、気がつくと寝落ちてるものです。

 

そしてまた懲りずに眠れない夜は、ぐるぐるするだろう、カンザキでした。

 

 

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、まとめサイトへの引用を厳禁いたします。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.