サツログ。

独身こじらせ干物でオタク、社畜の狭間で撮られることを仕事にしながら田舎暮らしの夢見人、カンザキサツキ(颯希)の日々徒然とひとり人生の歩み。

【にわかセレブ】鼻がセレブになったぞい

要は風邪引きました。

要はいいティッシュで拭いたい気持ちでした。

しかし節約はマストである。

節約はジリ貧社畜にはマストである。

カンザキサツキです。

 

カンザキサツキ、コリラックマに目がありません。

いわゆるまちのほっとすてーしょんに、

あーしんどい、モンスターと自分用の会社ティッシュ買いに行こ…

モンス…

f:id:kanzakisatuki:20190510084459j:image

ででんでっでんでででん

f:id:kanzakisatuki:20190510084604j:image

うひゃぁああああああ

f:id:kanzakisatuki:20190510084620j:image

反対側はボスグマさんでした。

f:id:kanzakisatuki:20190510084649j:image

可愛いオブかわいい使えない

(ほら無駄遣い)

 

無駄遣いはいけない!と思ってもやはりかわいいには目がないんです。

可愛いものに囲まれてたら、幸せ感up

コリラックマさんまじ好きすぎて…いちにちハッピーにお仕事ができました。

 

ほんとのセレブなら、きっとこれを買い占める程度の余裕しかないんだろう。

ぼくはいわゆる世間的にいうワーキングプアというやつなので、買い占めれません。

(マジです)

じゃなかったら副たるお仕事を無理してしてないですよね!

 

でも、ストレスしかない社会にいると時に癒しは必要。

完全に策略に嵌まってしまいましたが悔いはない。多分。

 

鼻セレブって甘いんですよねー。

主食ではありませんがね!!

昔まだ夢を追いかけてた時、お金ない時に、

鼻セレブ差し入れしてもらって舐めて空腹を満たしてたことがあります。

舐めるとあのときの腹も心もハングリー精神の塊で夢のために、誰かの笑顔のために、駆け抜けてた頃を思い出して奮い立ちます。

※健康を害する可能性があるので真似しないでください

 

お金はなくても心だけはセレブな余裕のある人でいたいカンザキでした。

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、まとめサイトへの引用を厳禁いたします。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.