サツログ。

独身こじらせ干物でオタク、社畜の狭間で撮られることを仕事にしながら田舎暮らしの夢見人、カンザキサツキ(颯希)の日々徒然とひとり人生の歩み。

ゴーヤの苦みが苦手なら試してほしい、ゴーヤの苦味の取り方、下処理、調理のオススメについて

突然ですがゴーヤが大好きですか?

ぼくは、依然あの独特の苦みは昔苦手でした。

苦みの少ない白ゴーヤ(白いゴーヤ)もいいのですが、

やっぱり緑のゴーヤのほうが好きな気がします。

未だに完熟のゴーヤ(黄色く完熟すると種の周りがあまくておいしいそうです)を食べたことはありません。 

f:id:kanzakisatuki:20190815182935j:plain

家族、親戚のゴーヤ嫌いを克服させ、むしろ好きにさせた人

カンザキサツキです。

「ゴーヤ担当」と家族に言われ連日ゴーヤラッシュになる夏を送っておりました。

 

育てやすく、緑のカーテンにする方も多いゴーヤ。

栄養も高いゴーヤ。

せめてあの苦みが・・・なゴーヤ。

 

まず、苦味を取るのに大事なことは

・しっかり綿とタネを取る。

白いワタが苦みが強い。

末代までの恨むぞぐらいの勢いでしっかりスプーンでとりましょう。

 

・薄切りして塩もみ

お好みの薄さ(薄すぎると食感がよくなくなるのでほどほどに)に切り、

塩をかけて軽くもみます。

しっかり揉んで少しおけば緑色の汁が出てきます。

しっかり絞りましょう。

 

・サっと湯通し(or軽く茹でてもOK)

苦みが苦手な方は茹でてアク(緑の汁)を出しましょう。

サッと湯通しするだけでも、色も鮮やかになり塩もみだけより苦みが抜けます。

 

この3工程だけで苦みが軽減されるのでぜひお試しくださいませ!

 あとはゴーヤの調理の際に、だいたいの方がチャンプルーにされると思います。

その際に、ゴーヤと同量のたまねぎを入れて炒めると、甘みで緩和されるので、

私はいつもひき肉やスパムなどとたまねぎをしっかり炒め、

f:id:kanzakisatuki:20190811154000j:plain

湯通ししたゴーヤを入れ、たまごを入れるため少し濃いめに味付けてから

たっぷり溶きたまごです。

f:id:kanzakisatuki:20190811154003j:plain

豆腐は我が田舎では買える場所は市街地にいかないといけなく、貴重なのであまり使うことはありません。

このホロ苦い感じと、甘みが最高に食欲をマシマシにしてくれますね。

あとは、我が家ではナスと一緒に味噌炒めにしたりします。

 

是非一度、ゴーヤの苦味をとってみていただきたい、カンザキでした。

 

合わせて読んでいただきたい令和最初のぼくのなつやすみ

www.satukiblog.com

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、まとめサイトへの引用を厳禁いたします。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.