サツログ。

独身こじらせ干物でオタク、社畜の狭間で撮られることを仕事にしながら田舎暮らしの夢見人、カンザキサツキ(颯希)の日々徒然とひとり人生の歩み。

不倫、浮気する奴は絶対自分を正当化し続ける。そう言う奴には情をかけずスパッと切って去って欲しいです。

隠さないといけない?隠す気もない?バレなきゃいい?どれも同じよ。

f:id:kanzakisatuki:20200125211429j:plain

まあ、誰からもご需要のないぼっちなんですけどね!

もう誰かに情をかけたりする心はゴミ箱に捨てました。

カンザキサツキです。

 

最近また世間を賑わせてる、不倫。

世の中にはとっても溢れていて、「頑張ってた頃」、散々と・・・

嫁がいる

子供がいる

彼女がいる

・・・とか、最悪、所帯があるに居ないとか言う殿方がガンガン居て嫁さん可哀想すぎるやろとショックを受けてきた。

 

嫁や旦那がいるのに付き合ってよとかよく言えたもんだ。

そして嫁、旦那がいるって聞いて相手もよく付き合えるなと、強く思います。

ぼくは誰かの唾が付いたもんは嫌ですけどね?

 

そしてなんだかんだ、周りにそう言う子が実は割といたり、

これには内緒でと言う場面をよく近くや遠くで見てきた。

なんだろう、止めたり苦言すると余計燃える上がるんだよね・・・。

燃え上がるのはガンダムのOPだけにしていただきたい。

不倫旅行のお土産はもらってもすぐ捨てた。

 

だいたいそう言う人ほど、器用で家庭的で子煩悩だったりするように見えるのなんで?

嫁や彼女や旦那や彼氏に罪悪感もクソもないの?(言葉が汚い様子)

 

その昔、「お前が浮気したとかそう言うことにして別れたことにしてくれ」と言った自己正当化系のソレは散々出会い系サイトにいるだとかラブホでの目撃があった。

そして何より何この携帯のやりとり・・・(ぼくの名義の携帯でした。) 

なぜキレる?なぜ誰かのせいにする?

なぜ正当化する?ぼくが悪い?え???

そしてなぜ繰り返す???

何を言っても、お前が悪いんだよ???

 

それはきっと、気が小さい、寂しがり、自分はモテると思ってる、相手が応えてくれない、なんか魔が差した・・・色々言い訳もあるし言い分もあると思うけど、

責任を持てない約束を守れない、自分を正当化するだけは一人の大人としてクズだ。

それ以上の説明の余地はない。

 

そうさせるには自身にも問題がある場合も稀にあることもあるけど、

だいたいが一途に頑張ってる人が待ってるのにそういうところに何故かつけ上がるのですよね。

 

甘っちょろい考え方で、行動に出て生きていく上で覚悟が足りてない。

 

そしてなぜか許してもらえるとか、悪く無いとか、繰り返してもバレないと思っている。

君がしていることは許されることなんてないんだよ・・・。

 

そして普通は「好きな人」の些細な変化を見逃すほど人間は馬鹿じゃない。

 

一緒に生きると言う選択を選んだ責任を果たすために様々に呑み込んで呑み込んで呑み込んで耐えてきている事にも気付けないから繰り返すのでしょうか。

 

廃絶しないこの行為は、理性に勝てない人間が一定数いる、と言う事なのでしょうか。

それとも無駄に沸いてくる「モテる自信」なのでしょうか。

モテたことのないぼくには分かりません。

 

ただ、こう言う事と今もコソコソ隠れてや、何回もバレながら繰り返してる人は、きっと人生の最期か途中でしっぺ返しがくると信じてます。

そう言う病気だからじゃ済まない事。

そして、タバコや酒以上に何故か中毒性の高い愚かな行為です。

 

同じ人間だと思わず、情をかけず、捨て去る勇気を忘れないで欲しいです。

悲しいかもしれませんが、それはあっという間に自分から去っていきます。

帰ってきても、それは一時的に屋根のあるお家が欲しいだけで、またすぐ羽ばたいていく事でしょう。

恩を仇で返す以下の、ただ都合の良いような小さな世界を創造して生きていらっしゃいます。

 

愛されるより愛したい系の方が被害者になりやすい。ぼくもそうでした。

その世界はきっと滅びる一瞬の帝国なんだろうなかわいそうと思って、必要なら制裁を加えて去って差し上げる、不要なら黙って去って差し上げる、

それが愛してた人へできる最期の愛情だと思う、カンザキでした。

 

 

だいぶと前に恋愛を閉店していました。

www.satukiblog.com

それでもたまに希望を持ってみたりもしてますがきっと無縁だろうと理解して今日もサクサク納税の義務のため働いています。

 

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、まとめサイトへの引用を厳禁いたします。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.