サツログ。

独身こじらせ干物でオタク、社畜の狭間で撮られることを仕事にしながら田舎暮らしの夢見人、カンザキサツキ(颯希)の日々徒然とひとり人生の歩み。

緊急事態宣言なんだけど、思わぬ嬉しい体験ができた。ささやかな幸せにちょっと満たされた気持ち。

ぼくが住んでいる大阪府は、新型肺炎の影響で緊急事態宣言が出ています。

もし遠い未来でこの記事が読まれてたら、戦後最大のすごいことが起きていた記録の中のボッチのささやかな幸せがささやかすぎるので

「うわー」

と思って読んでいただけたら嬉しいです。

f:id:kanzakisatuki:20200410232059j:plain

不織布のマスクが50枚で一箱3000円以上してもネットでは完売

国がマスクを配布するような時代に書いています。

カンザキサツキです。

 

個人店の飲食店は外出自粛でも休むと店が潰れる、公的保証も潤っていない世界での出来事です。

嫌味いっぱいに書いてみました。

東京はお金があっても、それでも個人店には足りないのは理解してる。

自分も雇われとはいえ、飲食店を23区でやっていたことがあります。

固定費だけでも月にどれだけ飛んでいくか・・・。

 

大阪では間も無く休業要請が出そうな雰囲気があれど、まだない段階のです。

 

今、大阪では

・自主的に休んでいるお店

・最大限気をつけて営業しているお店

があります。

チェーン店系列だと自主的に休業しているお店も多いです。

 

テレワーク(在宅勤務)にならないぼくはふらふらになりながら帰ってました。

いつもぼっちだから一人居酒屋や一人ラーメン屋の勇気もないし、

食べたいけど、我慢我慢・・・諦めよう、諦めるのは得意だ。

と思いながら歩いていましたら、いつも諦めてるお店が、

テイクアウトやってます!の張り紙がある。

 

そう、これを機に、外食は自粛でも家で食べる人はいるので、テイクアウトを始めたお店が多いんです。

 

これはぼくにとってとっても嬉しいことでした。

 

正直、会社が保証してくれて休業になってる友人もいるので、それが羨ましくて、

感染のリスク背負って、毎日息苦しいなと思いながら、

サラリーマンは経費で落とせない残りわずかのマスクを買い足すにも実費で高額・・・。

 

そんな中で、見つけた、仕事を頑張った帰りにおいしいものを買って帰れる幸せ。

 

それはぼくにとって、少しだけほんの少しだけ仕事のモチベーションが上がり、

少しでも個人店の応援ができるんだという、ぼっちでも誰かのために何かできるのかもしれないという自己満足の極みですが、社会貢献できる有り難さでもあります。

 

正直、この国の有様にうんざりした人も多い、価値観や生き方が変わった人も多い今回のこの感染症の流行。

遠くの存在の知事の手腕がダイレクトに近くで感じれたりした方も多いと思います。

所詮自分は納税するだけの1の労働力でしかないから関係ないと思いながらも、

自粛要請などの中でそれを守らない常識の異なる人も浮き彫りになったり、

ぼくは人間関係や生き方の価値観が少し変わった気がしました。

 

簡単にいえば、自粛しないで遊びにいく人は仲良くしない人と自分の中でひっそり決定したぐらいです。

 

この後長く続くのか、続かないのか、続きそうな気がしつつ、

人が少なくて街が静かで本当はちょっと嬉しい。

でもやっぱり少しでも早く日常に戻った方がいいのだろうと思うカンザキでした。

 

あわせて読んでいただければ嬉しいです。

www.satukiblog.com

www.satukiblog.com

 

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、まとめサイトへの引用を厳禁いたします。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.