サツログ。

独身こじらせ干物でオタク、社畜の狭間で撮られることを仕事にしながら田舎暮らしの夢見人、カンザキサツキ(颯希)の日々徒然とひとり人生の歩み。

最近ちょこちょこと、さっちゃんいい顔で笑うようになったなと言われるようになった。

喜ばしいことだと思います。

大阪に拠点を移したあの日から数年は自他ともに認める死んだ顔して散らかしていました。

今は逆に引きこもっているような生き方ですが、

自分らしいのはどっち?と言われたら今だと通常仕様の際の猫背を少しだけ伸ばせるようになりました。

f:id:kanzakisatuki:20201107002034j:plain

私生活はとっても静かに穏やかに生きています。

カンザキサツキです。

 

割と普段物静かな自分ですがある日の仕事終わり、いい顔で笑うようになったと言われました。

普段褒めない人が褒めるもんだから、膝カックンされたみたいに砕け落ちました。

多分じゃなくそれは、撮影会やサバイバルゲームだけじゃなくて、

この5年の中で、特に3年間の濃厚すぎる時間の中で一緒に過ごしてくれた人たちのおかげだと思います。

本当に、本当にこんな自分にいつも優しくて大変に嬉しい気持ちです。

 

家族からも、最近イキイキしてると言われます。(死にそうな顔してる日もありますが)

仕事の納期に追われて死にかけてる時を含めて生き生きしてると言われます。

楽しそうやなーと言われるぐらい寡黙な自分の変化に気づいているようです。

寡黙とはいえ、前よりよく話すようになり笑うようになり・・・

相変わらずツボにハマると家族全員で笑かせにかかってくるので週末は本当に笑っていることが多いです。

 

折り畳み猫背のこじんまり隅っこにいる人なのは変わりませんが何かが変わってきてるのだと思います。

コロナの影響で引きこもりが合法的で合理的だ、ひきこもろう!と思っている中ですが、

外に気持ちはむいているのでいいことだと思います。

ぼっちの外出が気楽な人ですが、お友達と会ってる時間はもっと楽しい気持ちになっています。

早く気兼ねなくハグしたりハイタッチしたり、密な時間を過ごしたいなと思う気持ちが常にあります。 

きっとそういう気持ちが溢れているからいい顔で笑えてるのだと思います。

 

離れていても、会えなくてもつながってる人たちがぼくにはいて、

幸せなんだろうなと思いっています。

人の幸せはそれぞれで、自分は世間一般には独身こじらせぼっちの非リアのモテない干物女ですが、

それでも幸せな気持ちで生きているからこそ笑っているのだとここに書いておきます。

 

普段褒めない人に、今度は今が一番綺麗と言わせたいカンザキでした。

言わずともずっと仕事させてもらってるから、そうだと信じたいですよ!

 

あわせて読んでいただければ嬉しいです。

モストマスキュラーが素敵な王子様を待っていたり待っていなかったりします。

www.satukiblog.com

 

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、まとめサイトへの引用を厳禁いたします。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.