サツログ。

独身こじらせ干物でオタク、社畜の狭間で撮られることを仕事にしながら田舎暮らしの夢見人、カンザキサツキ(颯希)の日々徒然とひとり人生の歩み。

歩けなくなってきた愛犬と、2時間おきのアラームの暮らし。高齢犬中心の生活は毎日ねむねむ。

何より大切な愛犬で息子の虎太郎の体調は日によりけり。

とはいえ、引きずり始めた後ろ足は、立つことも難しくなってきてよく転ぶ。

柔らかいマットを敷いていてよかったと思います。

f:id:kanzakisatuki:20210116011349j:image

眠っている時間が増しました。

くっついていないと不安(不穏)で震えるようになりました。

 

ドライな愛犬に必要とされてることが嬉しい、

虎太郎の母ちゃん(飼い主)、カンザキサツキです。

 

歳の割に元気な犬、突然再び嘔吐と下痢。

常に心臓の薬と、整腸剤を飲むお年頃な愛犬ですが、

しばらく治っていた嘔吐と下痢をしてからというもの、

引きずり始めた後ろ足がますます弱り歩行が困難になってきました。

それは一時的なものなのか、それとも加齢ゆえ仕方ないのかと言われたら

間違いなく両方です。

 

加齢とともに犬も人間と同じく認知症になる、腰が曲がる、関節が痛い、よろめくなどがあります。

愛犬もご立派に腰が曲がり、立派にぼけてます。とっても愛らしいです。

それでも、お散歩は大好きなのでよく歩いてきましたが、ここへ来て初めてお散歩拒否が始まりました。

f:id:kanzakisatuki:20210116011748j:image

だっこしたまま途中から歩きますが、さすれば寝るということを覚えこんな感じです。

たまに、赤ちゃんですか?え?犬!?と言われています。

 

地元の商店街に関しては、「こたくん」は有名なので、良く声をかけてもらいます。

 

歩かないからお外でおトイレしてくれないのは非常に飼い主的には困ります。

家でもトイレは普通にしますが、外でたくさんしておいてもらえると夜中の介助が助かります。

 

お散歩でお外で排泄が上手にできなくなってきたことと、

立ち上がりや歩くのによろよろとして、こけたりもするので

2時間おきにアラームをかけて寝ています。

 

おむつ(こたろーにはパンツと言わないと怒られますが)をしていますが、

おむつの中で用を足すにも立ち上がり通常の男の子おしっこの姿勢(片足をあげる)をするため、

都度都度、支えてあげる必要があります。

 

うんちも踏ん張っている間に踏ん張りきれなくなり、

今出てます!な時に座り込んでしまうことがあるので

絶対に座り込ませないように支えておく必要が出てきています。

うんちだけは本気出して支えないと夜中にシャンプーしないといけない・・・。

 

慣れとは凄いもので、犬が起きたらアラーム無くても起きれるようになってきました。

愛犬の視界をよくすることと、自分が愛犬を踏まないようにの電気を消さずに寝てるため

睡眠が浅いのかもしれませんが、

犬が起きる、動くとすぐ目が開くようになりました。

 

寄り添ってひっついて寝てくれてるので、気付きやすいです。

 

正直、2時間おきに起きるのはつらい。毎日寝不足です。

しかし、犬であってもかけがえのない息子である虎太郎のためにできること、

してほしいだろうことはやってあげたいと思います。

 

やってもやっても満足はできないし、希望や要望を叶えてあげれてるかは、

犬語が話さないから理解できないことではありますが、

飼い主の満たされない自己満でも、と思いながら日々を乗り切ってるカンザキでした。

 

合わせて読んでいたたわけたら嬉しいです。

犬バカです。愛犬はパンツって言わないと怒ります。

www.satukiblog.com

 

犬の写真を更に撮るようになりました。

www.satukiblog.com

 

 

 

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、まとめサイトへの引用を厳禁いたします。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.