サツログ。

独身こじらせ干物でオタク、社畜の狭間で撮られることを仕事にしながら田舎暮らしの夢見人、カンザキサツキ(颯希)の日々徒然とひとり人生の歩み。

子供の頃、ツツジの花の蜜を吸ってたことを母ちゃんに報告してみたり、幼少期に思いを馳せてみたり。

我が家は厳しかった。

それは今でも変わらない。

 

当たり前だと言われ育ってきた、

・靴は揃える

・ちょこんと座って指ついて来客にはご挨拶

 

他にも、ミニスカートや短パンなんてものは履かせてもらえなかったしタンクトップとかキャミソール一枚で夏にいることもできなかった。

今はいい大人だからある程度何も言われないようになった。

f:id:kanzakisatuki:20210426214136j:plain

まだ禁止されてたコスプレ再開してることは隠してます。

カンザキサツキです。

 

春の風物詩であり、春の通学路で味わう季節の味、ツツジが満開です。

f:id:kanzakisatuki:20210426215304j:plain
小学生の頃、40分の通学路の帰り道の楽しみでもあったのはツツジ。

誰しもが吸ったことあるんじゃ無いでしょうか?と思うのですが、そうでも無いですよね。

今思うと、すげえことしてたな自分と苦笑いになりますが、

満開のツツジを見るとふと思い出す、蜜とは言えそんなに甘くないツツジの蜜の味。

 

ピンクの方が甘いとか、赤い方が濃いとか、あーでもこーでもな話をしながら友達と帰る通学路を思い出します。

 

母は知らなかったので、それを報告してみました。

先に書いた通り、結構今思うと躾やら言動に厳しい家に育ちました。

大人になってすごく楽なので、大変ありがたいけど当時はちょっとしんどかったです。

 

もちろん「え〜」とちょっと引かれましたが、

山の家での自分の言動を知っているし、姉と違って子供の頃は日が暮れるまで外でどろんこになって遊んでいたので、

さすが野生児やな!

で済まされました。

でも、多分だけどこれが小学生の頃の自分なら怒られてたと思います。

 

子供の頃の自然の中で暮らしていた経験は自分の草花の知識にもつながっている。

これはぺんぺん草で、これはすずめのてっぽう、こうやって鳴らして遊んだり、

この草でどっちが強いか引き相撲ができたり、たんぽぽやシロツメクサで花冠も作れるし、

色水を作れる花だって知ってる。

母や祖母や近所のおじちゃん、おばちゃんから教わったものもあるけど、

ほとんどは泥んこで遊んできた中で発見したものたちで、もちろんたくさん怪我もした。

 

ツツジの花を見ると、春の野山で遊ぶ方法をたくさん思い出すけど、

結婚もしてないし、子供もいないし、親戚の子供はスマホが遊び道具。

誰かにそれを伝えることもできないけど、自然に目を向けると楽しいことがたくさんあるのになーと思いながら、

大人になった今、たまにツツジの花の蜜を吸いたくなるけど、どこで吸えば誰にも見つからず、

誰かの所有物じゃないツツジを探すというミッションも課されて、

大人って本当しんどいなー子供ってよかったなーなど思うカンザキでした。

 

山の家に帰れば、吸いたい放題です。 

やっぱり自然が恋しいです。

早くコロナが終息しますように。

 

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、まとめサイトへの引用を厳禁いたします。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.