サツログ。

独身こじらせ干物でオタク、社畜の狭間で撮られることを仕事にしながら田舎暮らしの夢見人、カンザキサツキ(颯希)の日々徒然とひとり人生の歩み。

愛犬のように、誰とも仲良くなれて、誰にも優しい器のでかい人になれるだろうか。

私生活を知ってる人ほど、自分がどれだけ淡々と眈々と生きているかご存知だと思います。

あまり堅物真面目にみられないけど、結構堅物真面目です。

そして割と内気で、遠慮がち芸人です。

あまりそういうふうに見られないけど、結構大人しい人間です。

f:id:kanzakisatuki:20210806200647j:plain

愛犬も同じく、吠えない、うるさくない、お伺いの姿勢系男子です。

おとなしい親子してきました。

カンザキサツキです。

 

愛犬は吠えられても噛みつかれそうになってもブレずに待てる器の大きな男です。

親バカでも犬バカでもありますが、これだけはお散歩友達にも言われます。

虎太郎くんはいつでも吠えずにおすわりで来るの待ってくれるね。と。

紳士的な犬だと言われると嬉しいけど、

自分と同じで、来てくれるのを待つ系の生き方です。

もし自分のためにそうしてくれてるのなら申し訳ないけど、おかげで愛犬にはお友達が多いです。

自分も虎太郎のおかげで犬友達がたくさんできました。

 

それがギャンギャン吠えられても、牙を剥かれても、ブレずに待ってます。

それはどうなの?って思う時もありますが、いつでも低姿勢で待ってる系です。

 

教えた訳じゃないので、すごいなって思います。

 

誰とも仲良くなれる、誰にも優しい犬です。母ちゃんを除いてですけど。

母ちゃんにはわがままなのはそれでいいです。逆に特別な気持ちです。

たまに悲しくなってましたけど、今思えば自分だけ特別あつかいだったとプラスに考えましょう。

虎太郎のその姿勢のおかげで誰とも仲良くなれる虎太郎。

犬だけじゃなくて人間の子供にもすごく優しくて、こたが気になってる子に対しても同じくお座りして来てくれるのをずっと待ってる犬です。

 

そういう優しさと気配りのできる愛犬が誇りです。

しっかりしてない母ちゃんだから、そうなりたいなって思っていつも横で見守っていました。

もとい、守ってもらってました。

 

愛犬とのお別れが迫ってくる中で、母ちゃんは一人でそこを目指せるのだろうか。と思うようになりました。

あ、ぼくが母ちゃんです。

今までは虎太郎が隣にいてくれた散歩やお出かけ。

これから君は隣に居なくなるわけで、母ちゃんは一人で笑顔で生きていける人になれるだろうかと思うばかりです。

 

クヨクヨしてても仕方ないのですが、どうしても前を向けるか今から過剰に心配です。

どれだけしんどくても、いつもそばにいてくれて、いつも気にかけてくれてたのは犬の方です。

そんなしっかり者の息子に母ちゃんにしてもらったんだなと日々を噛み締めて生きています。

 

 

うちの犬は器がデカすぎる。

本当にそう思います。

いい男が過ぎます。

 

そんないい人間に自分はなれるのか、ならなきゃいけないなと思いながらまだシクシク泣いているカンザキでした。

 

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、まとめサイトへの引用を厳禁いたします。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.