サツログ。

独身こじらせ干物でオタク、社畜の狭間で撮られることを仕事にしながら田舎暮らしの夢見人、カンザキサツキ(颯希)の日々徒然とひとり人生の歩み。

今日は防災の日。今週は防災月間。そんな9月の最初に防災についてちょっと考えてみて欲しいなって思います。

他所さんで起きてること。

同じ国のどこか知らない場所で起きてること。

どっか他人事のこと。

でもそれはこの後自分に降りかかるかもしれないことだし、

一生災害と無縁で終わるかもしれない。

 

でもいつ起きるか分からないから備えて欲しいと思うのです。

f:id:kanzakisatuki:20210831205157j:plain

可愛い新商品増やしました。

カンザキサツキです。

 

日本は公助がしっかりあって避難所に行けば困らないようになってる、これは素晴らしいことだと思います。

そう思うと、日本っていい国だなって思うところもまだまだたくさんありますね。

ただ、ここ数年の水害をみていても、助けたくても助けれない、来ない、来れないかもしれない可能性もある。

それだけは忘れずにいたい。

 

自宅で過ごすにも、避難所で過ごすにも、

災害発生時〜3日間は自分でなんとかできる装備は必要です。ってよく聞きますね。

できればもっと、と思いたいけど正直そんなに備蓄できないと思います。

使わなかったら消費しないといけないですからね・・・。

 

できないよって方はローリングストック記事参考にしてもらえたら嬉しいです!

www.satukiblog.com

 

何より、この国は避難所に行けば支援物資を受け取ることができます。

それは住まいの自治体が税金を使って備蓄してくれてるからです。

とってもありがたいと思います。

 

今日すぐお金をかけずできることは、通勤通学路の安全確認。

他にもできることはたくさんありますが、毎日通る道の安全確認は上下左右見れば可能です。

電信柱倒れてこないかな?

上から落下しないかな?

ここ崩れだしたらどこまで逃げたらいい?

そんなことを考えながら歩くことはお金がかからずできることです。

 

その延長戦で、このコロナ禍で必要になったマスクを少し取り出して、

ジップロック的な袋に入れて避難袋に入れることも可能ですね。

 

お金をわざわざ投じなくてもできることは実はあったりします。

 

お金をかけるなら装備と備蓄の見直しと家具の固定など。

命より高いものはないと思います。

そして数年前に備えたものの使用期限や消費期限だけじゃなく、好みの変化や

生活環境の変化などは必ず伴ってるはずです。

 

独り身のぼくはつい最近まで犬と暮らしていました。

犬のための避難用品が不要になったので、それは取り除く必要があります。

あと食べ物の好みが変わったりしたので、好きなものに変更したり。

 

そういうことはちょこちょこやっていけば大きく出費することもないですよ。

 

家具の固定も全部一気には高額でも1箇所ずつ少しずつなら・・・それでもいいと思います!

 

圧倒的に水害のレベルが高すぎる、強すぎる印象を受けますが日本は地震大国であります。

これだけはぼくも忘れないようにしたい。

水害は、正直いえば雨の予報で察知することは不可能じゃない。

 

でも地震は予想も予報もできない、出ない。

 

地震に備えることはマジで大事だと個人的に思います。

 

ぼくも備えないとなと思います。

今個人的に欲しいのは、

こういう系統のエアマットとか

引っ越ししたのでトイレとかですね。

 

こういうもの検索するだけでも防災についてちょっと考えてると思うので、

市場価格なども調べてみるってのもいいと思うのです。

 

 ぼくが買ったのはこれです。

置いてて可愛いし、期限迫っても美味しく消費できる。

 

救助優先トリアージを知って欲しいです。

www.satukiblog.com

 

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、まとめサイトへの引用を厳禁いたします。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.