サツログ。

独身こじらせ干物でオタク、社畜の狭間で撮られることを仕事にしながら田舎暮らしの夢見人、カンザキサツキ(颯希)の日々徒然とひとり人生の歩み。

自国開催のパラリンピックが終わった。たくさんの感動をありがとうございました!とっても画面越しに叫びました!超かっけえええ!!

パラリンピックが終わりました。

夏が終わったという感じです。

オリンピックからパラリンピックまで、たくさんの感動と興奮をありがとうございました!

と言う気持ちでございます。

f:id:kanzakisatuki:20210905202714j:plain

ぼくも負けてらんねえな!気張らんと!!

カンザキサツキです。

 

今回のパラリンピックで、自分の周囲が少し変わった気がする。

パラスポーツの格好良さと激しさと興奮は凄まじいと思っています。

特に陸上競技の義足はすげえ格好いいし、車椅子も自分が乗っていたもっさり型じゃなくて

すごい速さで走れる動けるすごいやつ。

それを自らの体で最大限に活かして、凄まじいパフォーマンスをするわけで、

なんでみんなこんなすごいのを見ないのだろうと思ってきた。

 

家族も見ようとしないから

「なんで見ないの?すげえかっこいいから騙されたと思ってみてみて!」

と言ってみたら、がっつりハマってくれたり、

刺激を受けまくってたり、

すごない?!と言うLINEが飛んできたり、

何より自分も負けてられない系の反応が多かった。

 

前回より、放送される時間も増えたことが多いと思うけどオリンピックよりまだ少ないのはちょっと寂しいですね。

 

自分も知らない競技がたくさんあり、たくさんの競技、ルールを知ることができた。

驚くばかりでした。

人間ってすげえ・・・自分なら絶対できない超人しかいない。

様々な背景を抱えているであろう選手の笑顔や涙や汗がすごくキラキラ見えました。

 

こんなルールあるんだ、と言うだけでなく、パラスポーツでしかない競技の多さにびっくりしました。

もっともっと広がればいいなと言うことと、どこでやってるの?!大会とかやってるの?!と調べてみたりしました。

 

でも、車椅子ラグビーは激しすぎてまだ自分には早すぎるかもしれない。

無観客だからこそ激しさを感じれたのもとても大きかったと思うけど、

車椅子ラグビー本当激しい・・・。

 

やっぱり思うのは、自分には自由に動ける体があって見えて聞こえてるんだから何かやらなきゃな!と言うこと。

正直オリンピックはすごい、すごいの連続だった。

パラリンピックってなんでこんなに心が揺さぶられるのか、ぼくはわからないけど、

心が動きまくった。

笑って、感動した。

 

もっと自分はできることがある。

若くない、と諦めてたことだって、そんなことないのかもしれないと思うぐらい心が動きました。

 

人を動かす人、って言うのは本当に輝いているんだなと思うばかりです。

 

閉会式もすごく面白かったです。

日本っぽさがたくさんあって、顔文字や日本語、お辞儀やハートのアクションが入ったダンス、

開会式もでしたが、すごく面白かったです!

会社でもパラの開会式はすごく面白かった!と言ったら誰も見てなかったけど、

きっと閉会式は見てると思います。

 

障がいを個性と一概に言える背景にはまだ社会が整っていないけど、きっと未来にそうなると願ってやまない。

障がいと言う区切りを強制的につける言葉が消えるにはまだまだ時間がかかると思う。

今は少数派マウントもあったりする。

そう言うことすら「どうでもいい」普遍的になる時代は必ずやってくると思います。

わざわざ少数派ですとか言わなくていい時代がやってきてくれること願っています。

 

人の上に人は作らないし、人と人は対等であるのだから、きっとやってくると思います。

 

兎にも角にも、画面越しに大興奮でした!

開催自体にも様々な意見があったと思いますが、

類まれな無観客だからこそ興奮や激しさが画面越しに伝わりまくって、ぼくは嬉しかったです。

カンザキでした。

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、まとめサイトへの引用を厳禁いたします。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.