サツログ。

独身こじらせ干物でオタク、社畜の狭間で撮られることを仕事にしながら田舎暮らしの夢見人、カンザキサツキ(颯希)の日々徒然とひとり人生の歩み。

これらはステロイドの副作用だったのだろうか。一気に太って一気に体重が減った、ほかの記録。

ステロイドってあんま個人的に好きな物じゃなくって、

できる限り処方を避けてもらってきました。

それは過去にひどい吐き気に苦しんだからですが

今回ばかりは従うことにしました。

 

全てが副作用かわかりませんが飲んできた期間の記録をここに書いてみようと思います。

f:id:kanzakisatuki:20210912213519j:plain

カンザキサツキです。

 

処方量のステロイド量は1日40mg。これが多いか少ないかはぼくにはわかりません。

ただ、見た目には8錠。多いです。

他にも色々と薬を飲まねばならないのでお腹いっぱいになります。

普段薬を飲むということ自体も、ほとんどない自分なので憂鬱でしかないです。

 

どうにか1錠でどうにかならん?って思って飲み始めました。

 

食事量はむしろ減ってるのに増える体重5キロ以上増は運動不足故じゃないと思う。

本当に一気に増えました。体重計壊れたのかな?って思う勢いでした。

悲しみに打ちひしがれました。

 

飲み始める前日まで顔はシュッとしてたのに、一気に浮腫んだように顔はまんまるになり、

1日に1.5キロ以上増える事に恐怖を覚えました。

 

メニエールで眩暈がして吐き気も若干あるから食欲はあまりないのに、

どんどん増えるし、浮腫むばかりの自分の体に恐怖しました。

 

周囲に「太ってない?ハッキリ言って」と言っても変わらないよと言ってもらえたけど、

いつも以上にマスクで顔を覆う日々でした。

人一倍自分が醜くて仕方ないという思考が強い人間なので、いつも以上に憂鬱でした。

 

飲んでる1週間で増えたのは5キロを悠々超えました。

こんな急激に増えると思っても見なかったです。

眩暈がひどくてリングフィットしてない程度の差はありますが、大した差はないと思うんですよね・・・。

 

ちなみに飲み終わって2日、同じ生活を送っていますが3キロ減りました。

やっぱり浮腫んでたんですかね?っていうぐらいの勢いでした。

指先や足のむくみも圧倒的に減りました。

 

とにかく吐き気と胃痛しんどい。薬を飲んでる+メニエールの症状ありきですが1日中気持ち悪い。

メニエールの眩暈はぐるぐる回転しているような、乗り物酔いのような状況です。

それプラスもうなんとも言えない吐きたい吐き気がやってきました。

 

嘔吐する事に恐怖する気質故にストレスは余計に蓄積されましたが、ダブルできつい吐き気でした。

 

あまりに辛すぎて、我慢強い自分が薬の量を減らして欲といと弱音を吐くぐらい、しんどかったです。

良薬口に苦しと言い聞かせておきましたが無理でしたが、今は飲み終わって胃痛もありません。

吐き気は眩暈が生じた時にあるぐらいで、ずっとあるわけではなくなりました。

 

不眠症かな?っていうレベルで寝れない。寝たい、寝れない、しんどい寝れない。

10代の頃に不眠症を経験したことがあります。

その時を思い出すぐらい眠れませんでした。

 

寝たいのに、寝れない。

 

それは眩暈がしてることも若干影響はあるでしょうが、こんなに疲れてるのに眠れないことある?!っていうぐらい眠れませんでした。

 

飲みやめてから2日、ぐっすりだったので・・・ホッとしました。

お昼寝もかませるぐらい、眠たいので取り戻そうとしてる体にしたがってあげようと思います。

 

ステロイドは悪い薬ではありません。それだけは忘れないでほしいです。

どんな薬でもよく作用する反面、そうじゃない背景はあります。

副作用のない万能薬ができればノーベル賞もんだと思うのです。

体質にあう、合わない、とてもよく効きすぎちゃうこともあります。

 

そういう時はちゃんと相談すれば調整してもらえます。

飲み終えたらちゃんと浮腫は減って、着実に体重は戻ってきています。努力なしで戻ってきていますので、

もしステロイドの副作用で太ったや気持ち悪い、寝れないという言葉で調べた方がたどり着いたのがこのブログなら、

安心して大丈夫だよってお知らせしたいです。カンザキでした。

 

あわせて読んでいただけたら嬉しいです。

2度目の突発性難聴とともに、メニエールデビューしました。

www.satukiblog.com

www.satukiblog.com

 

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、まとめサイトへの引用を厳禁いたします。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.