サツログ。

独身こじらせ干物でオタク、社畜の狭間で撮られることを仕事にしながら田舎暮らしの夢見人、カンザキサツキ(颯希)の日々徒然とひとり人生の歩み。

優しさとか、優しさとか。懐かしい感じのチョコレートとか、チョコレートとか。

忙しくて忙殺されてます。

ブログのストックも無くなりました。

そんな最中、一応明日から3連休はいただけそうです。

よかったです。

生き抜きました。

カンザキサツキです。

 

家族の温かさに支えられました。

母を筆頭に、家に帰れば実家から母がご飯を作って持ってきてくれていたものがひんやりとした自分の家のリビングに置かれていたり。

一言、添えられてたり。

明日のお弁当やでって書いた付箋がついていたり。

 

そんなことに大変ありがたいって思って噛み締めながらご飯を食べながら寝てしまってる日もありました。

 

ある日、家に帰ったらご飯の横にチョコレートがありました。

f:id:kanzakisatuki:20220209212348j:plain

祖母が、母を経由でくれたようです。

認知症がゆっくり進んでいく中でも、ぼくの職種のことや大変なことを知って

少し会社に持って行けるようにと用意してくれてたようです。

 

泣きそうになりました。

懐かしい感じのこのチョコレート。

昔はチョコレートは昼間に1粒しかくれなかった祖母がこんなにたくさん。

 

ちゃんと歯磨きしてるよ。大丈夫だよ。夜には食べないよ。

 

残業続きの自分にパートさんがくれた甘いものを噛み締めるひとりぼっちの残業も駆け抜けました。

f:id:kanzakisatuki:20220209212354j:plain

優しさって嬉しいなって、思いました。

なかなか普段そういうことがない(残業もしない)けど仕方ない状況の中で

別の部署の方が朝様子を見にきたり、夜、様子を見にきたり、

常時なら追い込みかけてる時はちょっと邪魔だなって思う自分ですが

純粋にありがたいなって思いました。

 

心が折れなかったのは、家族や職場の方のお陰でもあります。

なんとか、だけど優しさに支えられました。

そして、普段一緒に働いている人たちの凄さを改めて感じました。

 

もっともっとレベルアップしないとな、と。

 

とにかく、心身ともに疲れたこの3週間ぐらい。

まだまだこれから忙しくなるはずの季節になってきます。

 

コロナ禍で2回も逃した繁忙期を取り戻したいと思います。

そしてこの春で入社して4年目が終わるという事態にびっくりしてます。

 

 

優しさとか、優しさをチョコレートとかチョコレートの甘さと一緒に感じながら週末を迎えたいと思います、カンザキでした。

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、まとめサイトへの引用を厳禁いたします。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.