サツログ。

独身こじらせ干物でオタク、社畜の狭間で撮られることを仕事にしながら田舎暮らしの夢見人、カンザキサツキ(颯希)の日々徒然とひとり人生の歩み。

この1年、よく生きました。ひとりになっても生きました。

今日、生まれた日です。

今日の明け方に母ちゃんは頑張って自分を生んでくれたんだと思います。

そういうことを考えないで生きてきたタイプの人間だと思います。

正直、生きたくないなって思うことは定期的にあるタイプの人間です。

それでも自分には昨年まで最愛の愛犬がいました。

今はもういません。でもずっと一緒にいると思っています。寂しくはありますが、不思議と悲しくありません。

 

そんなことをよく考える1年でした。

虚無ではありますが、悲しくはありません。寂しいだけです。

 

カンザキサツキです。

 

この1年、そんな中、体調がずっと悪い中、よく生きた!

大嫌いな言葉だけど「頑張った」と思います。

 

なんとかやれたのは一番は母ちゃんがそばにいてくれて、体調が悪い時いつもきてくれて、

毎晩仕事帰りにご飯を作って実家で待っててくれて、残業でも待っててくれるからもあります。

 

よく、生きました。

よく、笑いました。

次の1年は、もっと笑えるようにしたいなと思う不思議なこの頃です。

祖母と母と犬を看取るまでがぼくの人生だ!と強く思って言って生きてきたのに不思議なものです。

愛犬亡き後、本当に日々ひとりぼっちになってしまったけど母ちゃんが一緒にいてくれたり

祖母の介護が忙しかったりして気が紛れてるのかもしれないけど不思議なもので自分を可愛がってやろうと思えるこの頃です。

 

また1年、駆け抜けることかと思いますが、

自分が楽しいと思う方向へ、自分がやりたい、

何よりなりたい方向へ信念を曲げず頑固に生きていこうと思います。

 

少しずつ縮小しようと思うこともありますので、ゆっくりフェイドアウトしていくものもありますが、これからもゆるくお付き合いいただけたら幸いです。

 

誰に何と言われても跳ね返せる強さはまだないけど、否定的な意見を肯定で返せる自分にはなってきたと思います。

まだまだ伸びしろはありそう。

 

今日も家のことが忙しくて誕生日とかどころじゃなくて、それが自分は一番心地が良いものです。

 

母ちゃん、生んでくれてありがとう。

ばあちゃん、いつも助けてくれてありがとう。

姉ちゃん、姉ちゃんでいてくれてありがとう。

 

こた、母ちゃんは今日もなんとか生きてるよ。

 

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、まとめサイトへの引用を厳禁いたします。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.