サツログ。

独身こじらせ干物でオタク、社畜の狭間で撮られることを仕事にしながら田舎暮らしの夢見人、カンザキサツキ(颯希)の日々徒然とひとり人生の歩み。

やきいも奉行と化してるこの頃。優しい奉行なので焼き芋を作っては冷やして配る日々。

優しいお奉行様を目指すのです!

他人に優しく生きていく上で、甘くて美味しい焼き芋を配ることとぼくは諦めない!

疲労困憊すぎてマジでわけわからなくなってるこの頃、カンザキサツキです。

 

祖母から受け継いだ焼き芋鍋にハマる孫。美味しいの言葉に沼る日々。

家族に焼いて冷やして個包装にして配れば、喜ばれる。

それが自分にとってはすごくすごく嬉しいことです。

普段割と淡々とコツコツと生きてる感じの自分にとって、誰かの嬉しいはすごく嬉しいだったりします。

なので、すぐ焼き芋を休日になると焼いてしまう人になりました。沼です。

 

気がつけばプロから職人、お奉行様と進化しております。

シルクスイートが美味しすぎる。

このシルクスイートが美味しすぎる。

どれだけ勝ってるか分からないし、次はシルクスイートを植えたいぐらいうぐらい好き。

 

いろんな芋を焼いてきましたが、焼き芋鍋にはシルクスイートしか勝たんと言っても過言ではない。

なんなら焼き芋に最適なのはシルクスイートであると断言してもいいぐらい美味しいです、シルクスイート。

ひたすら並べて焼いてます。

1時間ぐらいコンロの前で傍若無人。

 

その言動が、家族からはお奉行様と言われ始めています。

 

焼き芋を取り仕切る者として、美味しいのお裾分けは差別なく行います。

神崎家の焼き芋を取り仕切る者として、差別なく配ります。

お裾分けなのかわかりませんが、欲しいと言ってくれたら必要数焼いてもっていく。

そうじゃないときは焼いた分を人数で割って均等に分ける。

 

芋を仕切るものとして、それは当然だと思っております。

自分はいつでも焼けるから、と思ったら残ってないのですがそれでも良いのです。

 

夏は冷やして食べると美味しいことをお知らせしたいので、しっかり冷やして保冷剤に入れて宅配しています。

冷やした焼き芋は本当に美味しい。

熱熱はもちろん美味しいのですが、夏は冷やした焼き芋が美味しい。

 

それをお伝えすべく、しっかり冷やしえ保冷剤を入れた保冷バッグでお届けします。

 

冷やした焼き芋はスイーツです。

 

なんなら凍らせてもよい。

バニラアイスを添えてもよい。

 

祖母から譲り受けたこの焼き芋鍋。

もっと早く譲り受けたら、もっと早く焼き芋奉行になれたのかもしれませんが

今だから楽しい焼き芋作りなのかもしらません。

やきいもお奉行のさっちゃんと言われてるカンザキでした。

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、まとめサイトへの引用を厳禁いたします。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.